無料予測ソフトを提供する国内バイナリーオプション業者

無料予測ソフトを提供する有名な国内バイナリーオプション業者

無料予測ソフトを提供する有名な国内バイナリーオプション業者で有名なのがFXトレードフィナンシャルの未来チャートです。FXトレード・フィナンシャルの「未来チャート」には、「未来のチャート形状(値動き)を予測する機能」と、通貨ペアごとにシグナルの発生状況を「ランキング形式で表示してくれる機能」があります。

 

この2つの機能(チャート形状予測とランキング表示)はバイナリーオプションを取引するうえで非常に役に立つので、是非活用するようにしましょう。

 

国内FX業者の数社でこのようなツールが提供されており、バイナリーオプションの王道でよく解説されています。王道さんのサイトのサイドバー上部の「注目の当てるツール」はわかりやすく、バイナリーの仕組みもわかりやすく解説されていますので一見の価値ありです。

 

FXトレード・フィナンシャルの未来チャートはトフォン専用アプリも用意されているので、外出中、取引すときも非常に活躍してくれます。

 

それではFXトレード・フィナンシャルの「未来チャー卜」の効率の良い使い方について解説します。

 

まずバイナリーオプションで取引したい通貨ペアを選択し、時間軸を選択します。バイナリーオプションは2時間または3時間後の満期のレートが今より高いか、低いかを予測すればいいので、日足などは参考にする必要はありません。

 

私の過去の経験では1分、15分、30分足の的中率が非常に高く、バイナリーオプションと相性がいいようです。満期まで長く見たいということであれば、エントリー(チケット購入)するときは30分足を参考。直前5分〜15分前などにエントリーしたい場合などは、15分足で確認、直前まで1分足で適時確認する、このようにバイナリーオプションの初心者は、攻略法をまずはマスターすることをお勧めします。

 

「未来チャート」の的中率を参考にする

「未来チャート」には、精度が高いであろうチャート予測(近似チャート)の上位3種類を自動的に表示してくれる機能があります。これがチャート形状予測です。

 

チャート形状予測(近似チャート)とは、将来の値動きをチャート形状で予測するというもの。チャート形状が下向きなら「下落」、上向きなら「上昇」を予測しています。

 

また近似ラインの比較では、「第1〜第3近似」の数値「一致率○%」かを表示してくれます。この一致率が高ければ高いほどその信頼度が高いことを意味しているので、一致率が高いものを参考にすればいい、ということになります。

 

次に「ランキング表示」です。

 

異なるテクニカル指標で売買シグナルが発生している件数が多い通貨ペアをランキング形式で表示してくれます。その中で数多くの売り買いのシグナルが一致しているものが出現するので、それを判断材料にエントリー(チケット購入)をする。

 

下図の場合、EUR/USD(ユーロドル)で11個のテクニカル指標で売りシグナルが発生していることからユーロドル売りでエントリーすればいいということになります。

 

時間軸の考え方は上記で解説したとおりです。

 

このようにFXトレード・フィナンシャルの未来チャートの「チャート形状予測」「ランキング表示」を参考にするだけで、バイナリーオプションの予測が非常に楽になります。

 

これらの国内バイナリーオプション業者(FX)に口座開設をするだけで、いつでも無料で使えます。中でもFXトレード・フィナンシャルの口座は持ったほうがいいでしょう。

 

またFXプライム byGMOセントラル短資FXでもバイナリーオプション予測に役立つ無料ツールが提供されているので、どれが非常に当たるか、比較してみるのもいいと思います。

 

なおこれらはバイナリーオプション攻略の決定版!FXの達人でよく解説されています。

 

 

未来チャートの何に注目するのか?

バイナリーオプションの場合、FXとちょっと違うのは、「値幅」の意識です。たとえ未来の「上昇・下落」がわかっても『どこら辺の価格帯一に収まりそうか』を予想しなければなりません。これによって「購入するチケット」が変わるからです。

 

チャートでは、波形(パターン)の読みが必要なのではなく、満期時に予想される「価格」が大切となります。

 

要するに、多少「パターン予想」が間違っていても、フィニッシュ(満期)時の「現在価格」の位置が予想できていればOKなのです。

 

「シグナルパネル」の矢印PC同様、FXトレード・フィナンシャル未来チャートの「シグナルパネル」は、【シグナルパネル】と【テクニカルチャート】の2つにわかれています。

 

シグナルパネルの『↑↓売買シグナル』のアイコンをタップすると、テクニカルチャートが表示される仕組みです。テクニカルチャート上には、シグナルが矢印で表示されるのですが、この矢印が便利。

 

なぜなら「テクニカル分析ごと」にシグナルが出るので「どのタイミングで、どのテクニカルが反応するのか?」がわかるからです。

 

また、トレードの際に、自分で判断していたタイミングと違っていたりするので、新しいエントリーポイントを発見することもあります。

 

このように、FXやバイナリーオプションのテクニカル分析の勉強ができてしまいます。

テクニカル分析による売買シグナルの違い

シグナルパネルは、売り買いの精度を確認するのに非常な便利な機能です。例えば下図は、米ドル円1分足のテクニカルチャートのうち、「移動平均線(単純)」「移動平均線(指数)」「一目均衡表」「ボリンジャーバンド」「MACD」「ストキャスティクス」「RSI」に設定したときの「売買シグナルの違い」を表しています。

 

上矢印は上昇傾向、下矢印は下落傾向、【買】は買いシグナルが発生、【売】は売りシグナル発生ということになります。また通貨ペア、またテクニカル指標により売り買いが異なっているのがわかります。GBP/USD(ポンド/ドル)1分足で買いシグナルが2つ発生しており、買いエントリーが有効であると予測できます。

トレード別損益と累積収益

チャート下部にある「トレード別損益」と「累積収益」は、テクニカル分析の「信頼度を判断するため」に有効な情報です。終値ペースで取引を行った場合の損益が、トレード別損益に表示されます。図4では、青(=損失)より、赤T利益)が多い経済指標のほうが、信頼性が高いことがわかります。

 

この売買シグナルは、時間足・取引時間帯・銘柄などによっても差異がみられます。そこで、この収益表を参考に、今の相場に一番(あっている「テクニカル分析」を上手にチョイスする々という方法も考えられます。こうやって考えると、FXトレード・フィナンシャル未来チャート、意外と奥が深いと思いませんか?

 

それでは、ここからシグナルパネルの使い方について説明します。方法は2つ、それが「多数決方式」と「フォーカス方式」です。多数決方式は、7つのポピュラーなテクニカル分析をそのまま使い、「⇒かの売買サイン」のうち、数の多いほうを信頼し、トレード方針を決めるというやり方です。

 

図5の左側のシグナルパネルでは、「ポンド円」の売買サインが「売り16、買い10」となっており、圧倒的多数で「売り優勢」です。そこで、売買方針を売り(ショート)、または円高(LOW)を選択します。

テクニカル分析を厳選

「フォーカス方式」それに対し、「フォーカス方式」は、必要なものだけを厳選する方法なので、トレード経験があり、使い慣れたテクニカルがある方にお勧めです。次に多数決方式とフォーカス方式について解説します。
「多数決方式」は、相反するトレント系とオシレータ系が、両方とも同じシグナルが出た場合、信ぴょう性が高くなると考えます。

 

反対に、「フォーカス方式」は、あらかじめ不要なシグナル設定を排除して、必要なツールだけに絞れば、判断の迷いをなくすことができます。FXでも、バイナリーオプションでも、取引する銘柄が決まっている場合は、必要のない銘柄や、時間足などを外しておきましょう。

未来チャートはバイナリーオプションで活躍する優れた無料予測ソフト

FXトレード・フィナンシャルの未来チャートは、バイトレだけに使えるものではありません。もともとはFXの為に開発された無料予測ソフトですから、このシグナルはFXでも使えますし、取引時間が異なるバイナリーオプション業者のトレード判断にも使えます。 また、ちょっと前では考えられなかったスマホ機能の進歩により、スマホひとつで不便なくトレードできるようになりました。「プッシュ通知」のように、PCにはない便利ツールもあります。 「スマホでシグナルを確認し、PCから注文する」という使い方も有効です。移動中だけでなく、家にいるときでも、トレードにスマホを取り入れてみて下さい。